2019年01月13日

私は幸せになる資格はない 〜無意識の誓いの強さ〜

私は



過ちを犯したのだから


迷惑かけた(かけている)のだから






幸せになる資格はない。


良くなることを考えてはいけない。


楽しさを感じてはいけない。


人と同じように笑ってはいけない。





今までセラピーを通して

巡り合ってきたクライアントさんの潜在意識にあった



無意識の誓いです。




ご本人はなんとなく気がついているか

まったく気がついていないレベルにあるので



ほとんど無意識なのです。





表面上は本気で良くなりたい

幸せになりたいとご本人は考えていますが





ならなくていい

なるべきではない

なってはいけないという



意識がそれに抵抗していることがあるのです。





人によっては



剣や尖ったものが自分に刺さっているイメージ

が見える人もいます。





それでもセラピーでの対話や気づきを通して


これらの抵抗と対話したり、待つことで


丁寧にケアはしていくことはできます。





良くならないと誓っている思い(抵抗)にも

その人にとって意味のあるもっともな訴えをしています。




セッションにおいては何があっても受け入れる姿勢が

なにより大切だと僕は考えています。
続きを読む
posted by 創間元哉 at 22:29| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする