2016年06月29日

幸せを感じやすくなるためにできる10のこと「その5」

僕らが幸せを感じやすくなる為にできる10のこと

【5.不安を抑圧せず、緩める方法を知ること】




不安とは二つありますよね。


具体的に対象がはっきりしている場合と漠然とした不安。



どちらも幸せを感じにくくしてしまいます。





不安とは先のことを心配、恐怖すること。

先は誰にもわからないのです。





不安は「今という瞬間」の感覚から、未来へと気を取られてしまう状態です。

そうすると今感じているものは弱まります。


美味しいものも味気ない。
綺麗な風景も入ってこない。
発想も浮かばない。
優しさにも気づけないのです。




「幸せ」は基本的に今からしか感じる事ができないので、結果的に不幸感が強くなります。




じゃあ不安を感じないように、他の事したり、紛らわせたり我慢すればいいんだと、皆さん思うかもしれませんが、これも「抑圧」です。


不安が無くなったのではなく、ただ蓋をして抑えただけなので、無くなってはいません。




セルフケアの講座でも、ご紹介している方法ではこの不安を抑圧せず解消する方法をいくつかご紹介しています。さらに不安の根本を見つけることもセッションではできます。それを見つけ、緩めてあげるとすごく楽になります。不安が出にくくなるのです。




不安とはいわば、心からのシグナル。



それがとても増えてきているということは、心が何かを伝えたい状態です。


それを受け止めて、緩めてあげればそのシグナルはもう必要ないので止みます。





このタイミングが自分の心を軽くしてあげられるチャンスなのかもしれません。





セルフケアの講座が行なわれる時は皆さんにもお伝えいたしますね。



対面セッションについてはこちらです。
7月は予約状況はかなり過密していますが、8月はまだ幾分空きがございます。


創間元哉のセラピーセッションについてはこちら


posted by 創間元哉 at 22:42| 幸せを感じやすくなる為にできる10のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする