2019年10月23日

巨人が負けたから親が機嫌が悪いのだと子供は分からない 〜理由不明の神の怒り〜

僕の父は巨人ファン



巨人が負けた日は本当に機嫌が悪かったのです。
(今も悪いかな…)




しかし子供の頃は



野球の中継がイヤ


父が怖い


喧嘩がはじまる


怖い




それくらいしか感じていませんでした。






子供は親が怒っている理由は、社会的客観性がないので分かりません。


幼少期から10歳くらいまでは
親=神、世界


なので




理由が分からず、神が怒っている。


理由が分からず、世界が荒ぶっている。





子供にとっては
つまり災害や天罰レベルなのです。





社会的客観性がない子供は、ただただ怖いと感じて


自分の中に大人になっても苦しみを生み出すビリーフを持ってしまうきっかけになることも珍しくありません。





夫婦喧嘩は神々の対決です。



そのとばっちりを直接受けなくとも


お子さんに影響を及ぼしているのです。





社会的客観性は20歳くらいまでは身につきません。





あなたの見ている世界とお子さんが見ている世界は違うのです。


posted by 創間元哉 at 22:27| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする