2019年07月21日

クライアントさんから薬が減ったとのご報告

セラピーを受けてから、変化を伝えてくれる方がたくさんいることはとても嬉しいことです。



本日も、クライアントさんから

診療科から今の状態が良くなったので薬を減らしてもらったと報告がありました。


以下原文です。





------------------------------
こんにちは、お疲れ様です(^_^)ゞ


睡眠薬と夕の薬なくなりました。

なので、薬は朝の2錠しか薬服用なくなりました(*^^)v


創間さんがここまで私に付き添ってくれていたお陰です、だから創間さんに早く報告したくて、通院から帰宅してすぐにメールしました!
メールする事で、創間さんにも喜んでほしくて\(^o^)/

------------------------------------------


もちろん僕も一緒に喜びを分かち合いました。

ご本人のご希望、お言葉通りに掲載いたしました。






僕は心理セラピストという立場ですから、クライアントに薬に関しての指示は一切しません。

しかしセラピーを受ける事で結果的に徐々に薬が必要ない状態になっていくことは分かります。



その上で担当医の方と相談し、薬が無い方向になるのなら、それが良いと思います。







自然に寝れること、ご飯が美味しいこと、辛い気持ちを引きずらないこと。
感情の起伏が少なくなり穏やかになること。
意欲的になること。

それが薬なしで自然とあるのなら、もう大丈夫になってきているということ。




本当によかったねって思います。





ただまだ苦しみを抱えやすく、不安定で薬があることでそれを抑えていることもあるでしょう。
だからむやみに自分で判断せずに、心の状態を良くしていって、自然と薬がなくなる日があることを信じてほしいなと思います。



まだまだ道半ばの方もいらっしゃいます。
だからその方たちを励ます意味でも、このことを伝えたいと思いました。

大丈夫だよって。
posted by 創間元哉 at 20:33| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする