2019年05月21日

これ、私のことかも

辛い時こそ、いろんなことを自分に引き付けて考えてしまうもの。


ツイートやブログ、ニュースなどの情報。

毎日たくさん飛び交っています。
さらに人々のやり取りも多様化しています。






私のことを、私だけが、私、私。

私に引き付ける意識が強くなればなるほど、苦しみって実は増します。

通常の苦しみが大盛になる感じ。

でもこの世界に散在している問題って、全部が自分に関連しているわけないのです。






なんか今日あのひと冷たい。私なにかしたかな。。

友人の機嫌の悪さを、自分の悪さととることで「無実の罪悪感」を持ってしまったりするのです。

でも本当は友人は家族と言い合いになり、機嫌が悪いだけでその人には何も悪く感じていないということかもしれません。





こういうことって、ありますよね。




さらに「私何か悪い事した?」「怒ってる?」なんて聞いて、「怒ってないよ!」とかさらに機嫌悪く返されて、ショックなんてこともザラです。




非常に抑圧が強く自己肯定感が低い方は「私」に引き付ける意識が強くなります。

周りを一見優先しているようで、逆なのです。



だから私は駄目なんだとこれを読む方もいるかもしれません。

でもストップ!



それだけ、自分自身が自分に思い込んでいる思いが強いから、傷つけられた気がするのです。

その傷を癒せれば、きっと大丈夫。



「自分に冷たいのは、自分が駄目な人間だから」

「自分に冷たくするのは、きっと私が迷惑をかけたから」




つまり
「私は駄目な人間」
「私は迷惑をかける、そういう人間」




その強いセルフイメージを通してみているものが、周りの反応を曲解して受け止めてしまうエネルギーなのです。


周りは周りでその人の思いのままに生きています。
しかしその反応でいつも心を乱されていることは苦しいことは間違いありません。




でも大丈夫なのです。


僕は強くそう確信しています。
posted by 創間元哉 at 21:19| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする