2018年10月03日

タイミングを手にする人

ご縁とは偶然と偶然の重なり合い。




そのタイミングは実はとても絶妙だったりする。


本当に仕組まれたように絶妙。






でもそれに気づけない人は簡単にタイミングを逸する。


他の事に気を取られて気づけない人もいる。


恐れを優先させてしまい、結局同じところをグルグルして




”自分には良いご縁がない”と言ってたりする。








かたやそのタイミングをいとも簡単に手にする人もいる。



そういう人を世間では”運がいい”と言われる。






今日もそんなことを感じさせることがあった。





セッションにキャンセルがあり、10月に一日だけ空きの日程ができた。


しかしその後すぐに、セッションを受けたいというお申し出を別の方から頂いた。


スケジュールを合わせていると…


なんとその方が空いている日も、ちょうどその空きが出た日程だったのだ!




たまたまか


その方の熱意や何かがこれを引き寄せたのか


運が良いとか


周りは感じるだろう。






でもこういう機会を手にする人は、チャンスをしっかり取りに行く人だと僕は思う。

迷わずに、さっと。




運という漠然としたエネルギーにすがり

肝心のチャンスを逃していたら


きっとこういう事は起こらないのだろうと思う。






直感的に何かを取りに行くことは結果的に自分をいい方向に運んでくれる。

それが運。

運は運ぶエネルギー、だから乗らないと意味がない。





僕の中のモットーは


”直感的に欲しかったら、すぐ掴むこと”

それは僕をここまで運んでくれた。





これからもそうありたいなと常に思う。
posted by 創間元哉 at 21:54| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする