2018年09月08日

夫婦喧嘩や夫婦問題は犬も食わないと言いますが

夫婦喧嘩は犬も食わないとことわざがありますが



セラピストとして僕は食います。






というよりご相談を受けます。






だいたいは奥様か、ご主人、どちらかからお話を頂くことがありますが



両方とも受けて頂くことが望ましいです。






もちろん双方の守秘義務を守りながら




お互い普段は言えない、向き合えない


問題の奥にあるものに気づけるからです。




そのほうが問題もクリアになりやすく


衝突もケアされやすいでし


苦しみの要因である共依存関係も、緩やかに解けやすくなります。






夫婦関係の問題は友人や知人、家族、宗教、占い?


ぐらいしか、通常は思い当たらない方が多いでしょう。

(人生の問題全般に言えます)



人生の問題で医者に行く人はあまりいないですよね。



そういう意味でセラピストは敷居が高いかもしれません。





しかし心理や境界線のことを知るセラピストが一番専門分野ではないかと


最近は感じています。





夫婦間で癒されるとかなり良いですよ〜


ほんと人の思いは素敵です。
posted by 創間元哉 at 20:39| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする