2018年07月06日

迷惑をかける奴は叩け! 〜今回のワールドカップを見ていて〜

迷惑をかけてはいけない。




人の迷惑をかえりみないものはいけない。




迷惑をかける奴はろくなやつじゃない。







今回のワールドカップ、日本代表は決勝トーナメントまで勝ち上がりました。




開幕前も


試合前も


予選リーグでも


トーナメント敗退後も







あいつは良くない。


あいつは足を引っ張っている。


あいつはチームに迷惑をかけている。




あいつは応援している私を不快にさせて、迷惑をかけている。






そういう奴は声を上げて叩け!


そういう奴には何を言っても良い。



やめろ!

はずせ!

日本に帰れ!

恥を知れ!





たくさんそんな声を聞きました。





幸い、日本代表はそれらの言葉の影響は受けず


活躍することができましたが







大会前からの日本での誹謗中傷、揶揄に関しては


悪い意味で世界レベルになったといえると感じます。







サポーター、ファンはサッカーを愛しているのだから


何を言ってもいいんだよw


という言葉さえ見かけました。






SNSが普及することで以前、情報発信弱者だった我々は


いつからはネット上に声を上げて、それを公然に出せるようになりました。






しかしその便利さとは裏腹に



どれほどの人がその与えられた発信の力が



他人に影響を及ぼすのだと気付いているでしょうか。







以前の情報発信者には、本来なら発信する前に精査をする必要がありました。


しかし今は正確性、攻撃性、有害性が精査されることなく

現在ではSNSや掲示板、ブログなどで赤裸々でむき出しの言葉がネット上に飛び交っています。







僕らは自分の意思とは関係なく発信者になっています。


そのうえで、良い実生活を送ると同じように、ネット生活を送りたいものですね。










僕はいつも思うのですが、ネットも現実と同じなのです。




もし顔をつき合わせていたら


もし実名が分かった上でいたら





言えないことは、ネットであろうと誰かにぶつけてはいけないと考えます。



実生活では他人にしないことはネットでもしない。







僕はそういうふうにこれからもしていきたいと思います。





【関連する記事】
posted by 創間元哉 at 21:14| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする