2018年06月09日

その人自身のオリジナルな特性

人それぞれ、オリジナルな特性を持っている。



その特性は誰にでもある。



無いということはない。





それが良い意味で発揮できていたり

承認されている実感があると

思考は安心感を得る。



それならば順調な感じがするだろう。





しかしそれが逆に否定され、無意識に抑圧されていたら


それは本当に苦しいだろう。



本来の自分の特性、資質が自己の中に否定されている状態はかなり辛い。




じっくり考察する自分→のろまな自分

細部にわたり配慮する自分→神経質な自分

世話好きな自分→お節介な自分

言いたいことを言える自分→自分勝手な自分



など気づいていないところで本来ある特性を否定していると


当然だが、生きづらさを抱えることになる。





本来の自分にダメな烙印、レッテルを無意識に貼ってしまっているのだ。


それは幼少期の体験か、ショックによるものがある。


それはほとんどの場合、一時的なものでなく、慢性的なショックの場合が多い。






だが大人になって、それが自分をコントロールしているとは、僕ら自身気づいていない。





なぜこの生きづらさがあるのか

この生きづらさの裏にはどんな思いがあるのか





それは顕在意識でいくら考えてもでない。


無意識の領域、潜在意識にそれは秘められている。






そこを見つめてあげることをセッションではしていきたいのだ。

優しく、敬意を込めて。





オリジナルな特性はその人に再び開花すれば

本当に素晴らしい資質だと気づけるだろう。





【関連する記事】
posted by 創間元哉 at 18:12| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする