2018年05月17日

受容すること、許容すること

僕の中でひとつ理解が深まったことが今日あった。



それは受容することと許容することの違い。





セラピーセッションをしていく上で受容を進めていくことは行なう。


ただその受容することとはまた質の違うものがある。





それはあるということを良くも悪くもなく、ジャッジがない状態で"許容"するということ。





深い変化を結果的にもたらす癒しは、この両輪が必要だと感じた。








どんな形でこれから活かしていくか、形が見え始めてる。


セラピーのあり方ももう一歩前へ行こうと思う。
posted by 創間元哉 at 22:04| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする