2018年05月14日

失ったときに気づくもの

失ったときに気づくありがたみとか、ありますね。




あれがあれば…


あの人がいれば…




という感覚。

ご自身の中に経験がある方も多いはず。





ありがたみや喪失感がとてもクローズアップされがちですが


心の分野から角度を変えてみてみると





失ってしまったことで、"何が埋められなくなったか”がとても大事なのです。


失った喪失感のケアも大事ですが、その向こうにはそれによって穴が開いたような感覚があるはずです。





顕在意識上にある悲しみや寂しさももちろんケアはしていくのですが、セラピストとしてはそこが実は一番見ていきたいところなのです。

この埋められないものの中身を引き出し、癒していきたいのです。



それによって、失った喪失感の表面的なケアだけでないご本人の中での変化が結果的に生まれるのです。





【関連する記事】
posted by 創間元哉 at 21:31| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする