2019年08月23日

ごめんなさい、私ほんとは大丈夫じゃないです

「そうまさんごめんなさい。私ほんとは大丈夫じゃないです…」


先月セラピーを受けることを決意なさったクライアントさんが僕に相談してくれたきっかけになった言葉です。





僕らは時に本当に苦しいときでも「大丈夫」という言葉を使ってしまいます。



そんなときはその裏にどういう思いがあるでしょう?




人それぞれ違うでしょう。



リスクを感じているかもしれません。

相手に迷惑をかけると感じているかもしれません。

自分でなんとかしなければ、駄目なんだとという思いからかもしれません。





そういう思いから、本当はわかってほしい、助けてほしいという思いを抑え


「大丈夫」という言葉で、自分を孤立させてしまうことはよくあるのです。




肝心な時に、「大丈夫」じゃない時には、「大丈夫じゃない」って言えること。

すごく大切です。
posted by 創間元哉 at 19:44| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする