2019年06月27日

僕らはコントロールしていると誤解しているけど、生かされているのは僕らの方 〜身体という知性〜

全国への出張が多い身だと



体がなにより資本となります。




どんなに学びを深めても

どんなに頼ってくださる方がいても

どんなに応えようという意思があっても






体が健康で、たくさん感覚を働かせられなくては

セッションで良いパフォーマンスは出せません。






だからストレッチやトレーニング


また足つぼなど


体にも対してもケアを毎晩しています。







毎晩、体に寄り添うように



語りかけながら







疲れていたら「無理させてごめんね」と言ったり

心地いい疲労感なら「よく頑張ったね」と語りかけたり





はたから見たら、変な人かもしれないけど

自分の体にも語りかけるようにしています。







本当は体って自分の思考なんか追いつかないほどの知性の塊です。





だってずっと呼吸してくれて

ずっと心臓は動いてくれて

ずっと食べたものは消化されているんです。



僕らの意思なんか関係なく。





本当に優秀な知性です。






その優れた知性に僕らは乗っているようなもの。




ならばいつも思うのです。






知性を僕らはコントロールしていると誤解しているけど


生かされているのは僕らの方だと。






ならばいつも体には敬意をなるべく払いたいし

優しくありたいと考えています。





たまに忘れてしまい、体に怒られるように体調を崩してしまうこともしばしば。


もっと大切にしてあげたいなと思うのです。


posted by 創間元哉 at 21:50| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。