2019年06月07日

僕らはざっくりと苦しんでいて、ざっくりと悩んでいる

本当に辛い。

本当にしんどい。




自分がいったい何に苦しんでるのか。


何を悩んでいるのか分からない。





そういう状態が、実は一番苦しい。





とにかくしんどい。


とにかく辛い。







それは色んな思いや感情がごっちゃごっちゃになっているからなんです。







そういう時は、まずその顕在意識上の思いだけでもセッションで整理していくことを大事にしています。


それをしないと、なかなか本当に見たいところまでに進めないことが多い。







整理するだけでも、すっきりすることはよくあります。




「あー、私はここに苦しんでいるんだ。」


「こういう構造になっているんだ。」


「だから、この感情や思いが湧いてくるのも無理ないんだ。」




見えてきた自分でも気づいていなかったしっくりくる思いから、セラピーに入っていくことが多いのですが



そこに意識上で気づけるだけでもかなり違ってきます。








もちろんそれだけでなく、その奥にある感情や思いをケアしていくことが必要なのだけれど



それを丁寧におこなっていくことがとても大事なプロセスになります。







僕らは本当の意味で自分が何に悩んでいるのか、詳しくは気づいておらず、ざっくりと苦しんでいることが多いのです。



そこでぐるぐるしているだけではほとんどが何も解決できず、ぐるぐるを繰り返している原因でもあったりするのです。


posted by 創間元哉 at 21:52| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。