2019年05月22日

僕が冷たいなと感じた時は心の中であなたを信じている

「どうすべきだと思いますか?」


「どっちを選んだほうが良いでしょう?」




色んな方にこういったご相談をいただくことがあります。




たしかに自分自身としてはこちらの方が良いだろうと

答えはあるのですが





答えません。

ニコニコしながらどうなんでしょうと笑顔で交わします。





冷たいですよね。



でもこれで良いと僕は思いますし

僕の仕事は、占いやアドバイザーではないので

それを望まれるなら、そちらに行くべきです。





僕は選択肢をクリアに見つめる根底を改善していくことはできます。


しかし僕自身にはその人の人生の選択権はありません。

選ぶのはその人なのです。




たしかにアドバイスや答えは出せるのですが

悩むことや問いはその人に力を与え、答えはその人から力を奪います。




だから僕はそういう質問が来た時には


笑顔でかわすか


人に人生の選択権を簡単に与えない方が良いと伝えます。





その人の人生においての力を蓄えてほしいですから。





迷いに迷い抜いた経験は、必ずその人の力になります。
(迷っている時が一番辛く、不安なのですが)

それは産みの苦しみにも似ています。

その後、チョイスができた時




きっと人生の宝になるでしょう。



僕が冷たいなと感じた時は

心の中であなたを信じているのだと、思い出してくださいね。


posted by 創間元哉 at 21:28| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする