2019年05月07日

待てること、待つことに寄り添うこと

セッションをしていて、本当に大切だと思うことは



「待てること」



本当に深い思いほど、この待つことがとても大切になってきます。



早く良くなりたい、早く癒したい、早くしないといけない…



潜在意識にある思いですから、なかなか出てこないこともしばしば。





しばらくダウンロードには時間がかかるのも当然です。










そしてそんなクライアントさんと、一緒に待つことにセラピストが寄り添えるかが大切です。





深い思いや大事な局面や、辛い思いにとらわれているときに、いかにセラピストが踏ん張り流されないで見ていけるかも大事になってきます。
posted by 創間元哉 at 22:56| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする