2019年02月21日

心配して先回りは本当にその人の為か?

心配して、他人や家族がやるべきことを自分が先回りしてしまう。




それは一見とても献身的のようだけど、エゴ。




心配とは実はその人のためでなく、多くは自分が安心したいという欲求。





自分が味わいたくない感情を先回りして、相手の責任を取り上げてしまっているのです。



それはある意味、心の境界線越えが起こっているのです。






子育てにおいて、これをしているとその子がなかなか自分の自己肯定感が養えないこともあると言われています。






あなたは心配から、何かを越えていませんか?
posted by 創間元哉 at 23:10| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする