2019年02月11日

日々の生活の中で気づいていくこと

頭でわかったことは本当は分かっていない。




こころの底から気づけたとき




腑に落ちてきたとき





それは真の意味でその人の中で、浸透したことになる。







学問としてではなく、自分の中を通して気づけたとき




それはかけがえのない資源となる。
posted by 創間元哉 at 21:50| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする