2019年02月05日

変わりたいと思っている人は大きく分けて二つ

私は苦しい。
辛いという方には大きく分けて2種類あります。


1.本当に変化(変容)を望んで受け入れる準備がある人

2.変わりたいと言っているけど、無意識にそこに居続けたいという人。




それを見極める方法は問いかけること。



そこに自分への思い込み(ビリーフ)かあるか。

変わらないままある状況にメリットはあるか。

です。



これはある程度、信頼関係がないと「ひどいこと言われた」と投影してしまいがちなので、注意が必要です。




この状態が明日、なくなってしまうとしたらあなたにデメリットはあるか?


あなたは何かを諦めなくてはいけないか?

あなたは何かをしなくてはいけなくなるか?

あなたは自分で何とかしなくてはいけなくなると感じているか?

あなたは自分のことを分かってくれる人と離れなくてはいけないと恐れてはいないか?




本人は本気で意識的に変えたいと望んでいても



無意識に変化することを阻んでいる、自分の抵抗があります。


それはほとんどの人が気づいていません。




当たり前の中に組み込まれているのです。





あなたは本当に変わりたいですか?


あなたは変わったら怖くありませんか?


posted by 創間元哉 at 22:24| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする