2018年05月25日

地道にやってみていますという姿勢

セッションを受けてくださっているクライアントさんには


ご自身でもできるようなセルフケアをレクチャーしています。





ただそれを日頃の生活に取り入れてくれているクライアントさんはあまりいません。


やっぱり地道な作業は苦手とか

苦しい時ほどそれを忘れてしまったりとか





様々な理由があると思いますが





その中でも、毎日継続してセルフケアをしてくださっている方もいます。


期待はしていないのですが


セラピストとしてはとても助かるのです。






クライアントさんがご自分の手で自分の土台作りをしてくださっているのですから


3つの意味でメリットがあります。





1.セッションでの進み具合は段違いに違う。


2.ご自身が土台作りをしているため、構築されていく自己肯定感も安定しやすい。


3.安心、安全の感覚が根付いていくので、少しずつ強い感情、思考、感覚にとらわれにくくなる。辛い時の退避場所ができる。






といいことづくめです。







もちろんやりなさいと強制しませんし

そこには期待もしないのですが





こういった姿勢が癒しを加速させていくのは、間違いないでしょう。


僕のためでなく、誰のためでなく、その方のための優しい時間なのです。
posted by 創間元哉 at 18:30| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする