2018年05月04日

お互いがお互いを監視し、自分が息がしずらくなる世界に

最近の世の中の流れを見ていて思うこと。




昔は、お互いが他人のことを追及、監視していくことがこんなに多かったか?と思う。





ある意味無責任で、ある意味緩かったのかもしれないが

ある意味不透明なものがクリアになり、ある意味良い方向に変わっていることもあるのかもしれない。





しかしこんなに人が人を「他人警察」のように

監視する社会だったか?と思う。



不祥事

失敗

事故




確かに悲しいことだったりする。



だけど、それは当事者同士の問題であって、ここまで監視したり追及していくことが強烈だったかと感じる。





それだけ抑圧が強い社会になっている分、その投影度合いも非常に強くなるのだということなのだと思う。


緩やかさやおおらかさのない、自分たちが息をしずらくなる社会になってきている。












他人を許せなく思える時ほど、その投影の強さから自分の中を見るチャンスと言える。


映し出しているものが強烈に反応するものであればあるほど、自分の中の抑圧された思いが反応している。






世の中の人が、この抑圧と投影を理解したら、かなり世の中は平和になると本当に思う。






※抑圧と投影の関係は「インテグレイテッド心理学」を参考にしています。
posted by 創間元哉 at 21:25| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする