2018年04月05日

その人本来の特性を大事にできず苦しむ人は多い 〜特性とリズムが合わないひずみ〜

その人本来の特性、リズムが何らかの形で押さえ込まれ


このままではいけないと感じ始めると苦しみやひずみは生まれます。





たとえばもともと「じっくりゆっくりと丁寧に観察して、考察して、判断する」のが

その人本来のリズム、特性だったのが



のろま、ダメ、これじゃ周りに認められない、親に何度も怒られた、見捨てられる

などの学習をしてしまうと





本来の自分は「マイナスでダメな自分」と次第に潜在意識に抑圧されます。



人によっては、のろまとレッテルを貼り、抑圧するでしょうし

人によっては、不器用とレッテル貼りして、抑圧し否定すべきありえない自分にしていくでしょう。


それは無意識に抑圧されます。


それをセルフイメージと言います。

そのセルフイメージは様々なんです。






無意識なので本人は気づいていません。





やがて社会生活(家庭、学校や会社、人間関係)で苦しみとして映し出されます。
※抑圧と投影についてインテグレイテッド心理学を学ぶと良いでしょう。




本来の自分の特性を抑圧して、否定しているほど苦しいものはないです。

本来左利きの人が、右利きに慣れなくて自分を否定しているに等しいです。




じゃあ左でいいんじゃって思いますが、ダメなんです。
理屈抜きでダメという思いがあるのです。




生き残れない

認められない

笑われる

愛されない







本来の生きやすい自分を否定し、逆方向に行かないと幸せになれないという恐れを抱いている状態なのです。

これ本当に辛いです。






じっくりゆっくりとひとりで観察して、考察して、答えを出す人が

すばやくスピーディに仕事をこなさないと、周りから誰も必要としてくれないワールド(その人が世界をそう映し出しちゃってる)にいるのですから、ストレスや苦しみも生まれやすいのです。




本来の自分の特性、リズムを取り戻していくこととはなんでしょう?

本来のあなたってなんでしょう。

さまざまなセッションを通してみなさんと共有できたらいいなと感じています。




(内容についてはオープンアウェアネスダイヤログ、インテグレイテッド心理学を参考に書いています)
posted by 創間元哉 at 21:00| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする