2018年04月28日

絶望するんですか?しますとも! 〜降参、降参!〜

僕も絶望することはあります。



えー!セラピストさんでもあるんですかと思い方もいるでしょう。




もちろんあります。



どんなセラピストさんでも、きっとあるでしょう。

もし無いと言っている人がいたらちょっと信じないほうが良いかも…。
(無意識に自分を抑圧している香りが…)






ここ最近でも絶望しました。

かなりズドーンと。




かなり落ち込みましたし、体が二倍の体重になったような気がしました。
ずどーんと重たく、何もする気にならないくらいに体感覚が。。





いろんなセラピーの方法を用いても良かったのですが



ここは変態ですね。





今回はこの絶望にしっかり同調してみようかと思ったのです。




実験、実験♪



つまり



絶望に降参







涙は涙が流れるままに、体は体が動くままに、体感覚は体感覚のままに。


じっくりと目をそらさず、ずっと一緒にいました。






いやーかなりぼろぼろです。

全身絶望はかなりぼろぼろです。






でも客観視している自分が寄り添うようにいるんですよね。







すると不思議なんですよね。


何だか自分の心にスペースができてくる。





なんでこんなに絶望しているのか。

絶望がいる意味も見えてくる。




悲しみも

罪悪感も

怒りも

寂しさも









愛が見えてくる。








絶望の前に思っていた想いの意味も

絶望の向こうも。

絶望が守っていたものも。






変人ですよね。

でも本当にこれは僕の体を通しての大きな学びの時間でもあり、なにより自分に優しい時間のように感じます。





文字や考えとしての勉強だけじゃなく

やっぱり実感を通して、人々に僕は伝えていきたいのです。





だから僕は誰よりも自分に優しくありたいと思います。

誰が否定しようと、何と言おうと、一にも二にもこの姿勢でありたいのです。
posted by 創間元哉 at 21:19| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする