2018年03月19日

夢はできるだけ周りに話しておいたほうがいい。

今どのくらい実現できているかは置いておいて



今あなたが夢を持っている

目標を持っているなら




できるだけ色んな人に話したほうがいい。




笑われたり馬鹿にされたり否定されたら…


そう思うこともあるだろう。

そう言われることもあるだろう。

現実という言葉を使うものもいるだろう。



だけど、その方たちは現実という言葉を使ったり

相手を馬鹿にすることで


心の奥底で否定している自分をあなたに映し出しているだけ。




あなたには関係ない。

だから


言葉で対抗せず、心の中で

「忠告、指摘ありがとう。でも言うこと聞かないよーバイバイー!」

でいい。


「苦労と辛い現実を楽しんでね」と哀れんであげるといい。






そういう方々が仮にいたとしても、たくさんの方に話していい。


なぜならそういうリスクを超える、理解やチャンスがあるから。






あなたが夢を話すことで、あなたの夢を初めて知り、あなたへの賛同者や協力者は現れる。


もう一度言う、あなたに夢があるなら胸を張ってあなたの夢を話すといい。

posted by 創間元哉 at 21:11| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする