2018年02月21日

漣さん… 〜悲しみの本質は愛〜

大杉漣さんが逝ってしまった。




僕が役者時代からすごくすごく尊敬していた漣さんが逝ってしまった。




漣さんのエッセイは何度も読んだりしていた。

作品はたくさん観ていた。




そんな漣さんと役者時代にスタジオでお会いした時

ガチガチに固まって、挨拶がほとんどできなかった。






漣さんは、オファーがあった仕事はすべて引き受ける方でした。

その役者愛の生み出す仕事はもう見れないんだな。




綺麗な役者さんが増えた昨今

あの人間のエゴをしっかり表現してくれる泥臭さ、狂気性。

そしてその奥にある愛のあるまなざし。




あなたは本物の役者でした。






ただただ悲しい。


悲しみはその人を愛していたほど深い。






悲しみの本質は愛。



だからいっぱい悲しもうと思う。






posted by 創間元哉 at 23:35| 創間元哉の日々♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする