2018年02月03日

恵方が動くとか腰くびれるわ!! 〜鬼は外、福は内よりも?〜

今日は節分なので新幹線で移動中



恵方巻きを駅で買い


よし!南南東に向けてパクパク!


9AAEB681-DB37-428E-8ED0-DFFB2AA31DD9.jpeg





でも


発車すると新幹線ってかなりクネクネ移動してるんですね。




今年の恵方、南南東が真っ正面になったり窓側になったり

隣のおじさん方向になったり(おじさん苦笑)

何と最後は180度真後ろになったり!!



33BC4EB5-470A-4EA0-B207-C55FFC8E96E8.jpeg



腰がくびれるわっ!!






恵方を追いかけながら何とか完食しました。





さて皆さんは節分をどんな風に過ごしましたか?





僕は「鬼は外、福は内」という言葉より

「鬼は内、福は内」が良いなと思います。




なぜって?






自分の中の鬼(鬼と自分で決めつける自分)を除け者にしたり、外に追い出そうとしても




追い出せないですし、苦しくなりますからね。

本当の救いにはなりませんからね。




こんな自分ダメだから、追いやろうとして

うまくいきませんよね?



うまくいったと思っても

うまくいき続けないとその鬼の自分になってしまいます。





良い自分だけでいて、ネガティブな自分は消す、追い出す。


これは必ず抵抗を生みます。





そのネガティブとされている自分はどんな思いなのか

鬼とされている自分はどんなことを思っているのか


言えなかった言葉はどんな言葉か。




対話や本当の役割を見いだす受容などを通して

鬼を鬼でなく、家族としてまた迎え入れることができる




そこにこそ救いはあるのです。





鬼は内、福は内。



自分の中に無駄な自分など1人もいない。






posted by 創間元哉 at 18:56| 創間元哉の日々♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする