2017年11月20日

ご飯を食べた後にすぐに頭を使うと…

現代人としては当然になってしまっていることがあります。



ご飯を食べてから、すぐに動くなということは昔から言われているから皆さん分かりますよね。




ではご飯を食べた後に、すぐに頭を使うことをするな。


ということは知っていますか?




ランチ後などもそうですが、頭がぽーっとして眠くなりますよね。



あれはなぜなのか?

そう、消化のために血液が集まって、脳に送られる血液の酸素量が薄くなっているからなのです。






では、その消化中に頭を働かせる仕事や勉強をしたらどうでしょう?


本来消化に使われるはずの血液が行き届かず、消化不良になりやすくなるのです。



勉強や仕事も結果としてパフォーマンス不足になり、双方ともあまりよくないのです。





その意味で食休みはとても大事です。




海外ではシエスタというすごく長い昼休みがあるそうですが

実はあの休みはとても理にかなっているのです。



動物も食後はごろごろしていますよね。




しっかり消化をするときは消化に専念することで

実はパフォーマンスも飛躍的に上がるのです。





日本は比較的昼休み、食休みは短いです。

日本人に胃腸系が弱い方が多いのは、そのせいもあるかもしれません。





ご飯を食べた後、あなたはすぐにスマホをいじったり

仕事をしたり、頭を働かせていませんか?



時間をとってあげましょう。



もし忙しくてそれどころではないという方は

食後に、お腹にあったかさを感じていると意識して、深呼吸を5回くらいしてあげてくださいね。


posted by 創間元哉 at 21:31| ストレスとの向き合い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする