2017年11月15日

感覚型がっちりな僕とクライアントさんのお話

癒していく上で人には大きく分けて




2つ傾向があります。


思考型と感覚型




僕はどちらかというと


感覚型です。








感情を伴う思いが生じると


同時に強い体感覚があるため





その思いの真実味が非常に強くなるため


その自分の解釈を、真実だと思い込みやすい傾向があります。
(インテグレイテッド心理学より)




心配性の人を例にあげると分かりやすいですが




心配性の方が描いている具体的なイメージや思いがあるとします。

それを不安に思っているとします。



家族に何か良からぬことが起こるんじゃ?

どうしよう、どうしよう。



その感覚を強く身体で感じます。

お腹がぎゅー、胸が苦しくなるなど






そうすると人は非常にリアル感を持ってしまうのです。

たとえ整合性のないデタラメな思考でも、かなり臨場感は強くなります。






それに僕らはほとんど気づいていませんから、これは真実だ!と思ってしまうのです。





考えすぎだよとこういう方はよく言われますが


正しくは感じ過ぎて、考えがぐるぐるしているのです。




ここで伝えておきますが

その人が弱いということではありません。




そういう性質なのです。





僕もそうです。






だから自分の思考したストーリーにはまり込みやすし君でした。








でもそういう傾向がある方は



逆を言うと、感情や感覚にアクセスしやすいので





感覚を手掛かりに丁寧に癒していけば、癒しやすい人です。






また倍以上も感受性が強い分、苦しみの悪夢(思い込みからの世界)はそれだけ強いですが

それが逆転すれば、豊かに人生を感じやすいのです。





今日のクライアントさんもその傾向が強いですが、とても上手に感覚を拾えていました。


苦しんだ分だけ、安心も味わえるのだろうと見守っています。



クライアントさん
あ、プッチンプリンありがとうございました!


もう食べちゃいましたが、この場を借りてありがとう!



創間元哉のセラピーセッションはこちら






posted by 創間元哉 at 22:20| セラピーを受けてみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする