2017年11月09日

もう逢えないと思っていたあの人との再会 〜マトリックス・レゾリューション・リインプリンティングの癒し〜

もう亡くなってしまった親、家族、友人


連絡を取らなくなった、もしくは取れなくなった元恋人や友人


自分の過去の人生に影響を与えた人物、先生、いじめっ子等








もう今では現実に逢えない人と対話するセラピーがあります。

よくその人をイメージして、対話をするセラピーテクニックなのです。








マトリックス・リインプリンティング(僕はよく略してMRと言います)の応用の一つで

マトリックス・レゾリューション・リインプリンティングと言います。




長い名前で噛んじゃいそうですね。







以前はこの方法を自分に対しても、個人セッションでもよく用いることがありました。







最近はしばらく用いていなかったのですが

先日、講座で自己ワークする機会がありました。





そのお話をちょっとしますね。






僕が選んだ方は“僕のお芝居のお師匠さん”でした。



今はもう連絡を取っていません。



もう7年以上になるでしょうか。










そのお師匠さんをイメージして感じます。




場所はよく稽古していた稽古場所。










僕は目をつぶって無言でイメージに集中。

出会った瞬間から、なぜだか涙がでます。










言いたかった言葉「ごめんなさい」は僕からかけるのですが、なかなか返事がないのです。


よく感じていても、なかなか返事がなくて焦る僕。





どうして集中がうまくいかないんだろう。








でも何だか感覚があるのです。何かお腹に。


グーっとした感覚が。






自分の中にあるそのお腹の感覚を良く感じてみると…









言いたかった本音が、たくさん出てきました。








本当はコントロールされることがとても嫌だったこと。


あんなに一番大切に育ててくれたにも関わらず、あなたの期待に応えられなかった自分を恥じていたこと。


結局、離れることになってあなたを憎んでいたこと。









でも、でも…






あなたを憎みきれなかったこと。






だって、僕のかけがえのない楽しい時間だったのだからということ…





涙が溢れる。



楽しかった事が自分の中に駆け巡った。





その時。。







「私も楽しかったよ」








涙、涙、ダムが決壊したかのような涙。






その予想外な言葉に


肩が揺さぶられるほどの涙が溢れる。


打ち震えるほどに。





しばらく涙が止まらなかった。






その上で



「私も楽しむ、道は違えども、あなたもあなたの道を楽しみなさい」








はい。







あの人の前で修業していた自分が帰ってきたよう。






「一つごとを極められないやつは、何をやっても極められない。だよ」



とも言ってもらえた。あの独特のしゃべり方で。





ただただイメージの中でも、現実にも頷いていきながら僕は泣くのでした。






心の中に、とても温かな感覚が広がります。





今、行なっていることへの力と

今までの力が自分の中に戻ってくるような温かさ。







ずっと置き去りにしていた言えなかったこと


ずっとともにしたかった思い





それを癒すことで自分に戻ってくる力。





それを改めて自分自身、体験したのでした。






実はこのマトリックス・レゾリューション・リインプリンティングは


グリーフケア(死別した遺族の方へのケア)や失恋などのケアなどにもとても効果的なのです。


今までこれは数多く効果を発揮してきた良いツールです。





言えなかったこと、言えることはとても素敵な事ですね。
posted by 創間元哉 at 22:29| セッションについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする