2016年10月31日

しっかり準備をしてから始めようとする弊害 〜コンフォートゾーンについて〜

何かを志し


「自分の中でちゃんと準備ができてからはじめる。」




そういう事を言っている人をよく見かけます。


確かに準備とは大切なことです。

その気持ちも分かります。






でもだいたいの方は準備をしている段階でフェイドアウトします。

志がそこまでだったということで片付けられやすいですが


そうではありません。

もちろんその人のしっかり志はあるのです。






「その準備をする」と言った時点ではワクワクしたり、ハートが喜んでいます。

つまり動いていく感情があるのです。

しかし人はいつも自分の安心領域の中で生きています。




「ちゃんと準備をする」という安心領域の基準が高い、もしくは曖昧なため、実行に移せなくなる場合があります。

いわゆる石橋を叩いて、叩き壊すタイプです。



あともう1つ言えることは日常生活を生きている上で、僕らは様々な不安がありますよね。

サバイバルしていく不安です。




その不安が、自分のワクワクした感情を時間が経つにつれて抑え込んでいきます。


つまり時間が経てば経つほどに、自然と潜在意識がそれを消していくのです。





これは誰しもが起こることです。




色んな方に創間さんは実行力があるのはどうしてですか?と聞かれます。

でも特別なことをしているわけではないんです。






ではどうすれば良いか?



一度決断したいと思ったこと

目指そうということがあるなら



「今からすぐに始めるにはどうしたらいいか?」


考えることです。

今ワクワクする感情があるうちにすぐに行動するのです。

なるべく時間を置かず、人を頼ったり、方策を練るのです。





えー!「でも環境が、」「経済的に」とか思う方もいるでしょう。


それでも方策を練って考えてください。


時間が経てば、失敗やリスクを潜在意識が考え始めます。




諦めなければ、潜在意識に潰されることはありません。





そうすれば毎日常に「今からそれを実行するには」と頭にあるので



コンフォートゾーンが引き下げられることは、少なくなります。




「望めば叶う」「思えば叶う」というのは本当です。


「後でいいや」「いつかまた」は実現が望めない言葉です。



望みは捨てないでというのは当然ですが

「望みは、後に追いやらない」で欲しいのです。





あなたがもし望むことがあるなら、今からをスタートとして、今から望んでください。

必ずあなた自身はあなたを味方してくれるはずです。
posted by 創間元哉 at 20:02| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする