2018年02月22日

千手観音の手って 〜千手観音像を見て気づいたこと〜

先にいっておきますね!




僕、宗教上の厳密な定義は分からない上で感じたことを書きますね。






先日、京都で千手観音像を見たんです。





僕小さい頃からすごく不思議だったんです。









なんでこんなに手がいっぱいあるんだろうか??


8DE35E64-3C33-428C-AA1C-7B40A08E7531.jpeg








単純に疑問だったんです。







でも先日、はっと気づいたんです。










あ!この観音様の手って「自我の戦略」だ!って











なんのこっちゃいな、という方も多いでしょう。










自我の戦略=思考と考えてください。


僕らの頭には常に思考が流れていますよね。





思考っていってもいろいろありますよね。





こんな考え、あんな考え

いろいろ持っている個々の自分っていません?






卑劣な自分、優しい自分、エロい自分

高尚な自分、無力な自分、勇気ある自分


まるで自分の中にたくさんの自分がいるような。

正反対の思いがあったりしますよね。






その自分たちは



良いもの悪いもの

いけてるいけてない

人に見せられる、見せられない




そんな感じで二極化されています。






そういう中で抑圧(いけてない、良くない自分像を無視、否定、禁止)します。



その抵抗によりナチュラルな自分ではなくなり


結果的に苦しみは生まれるのですが。






このそれぞれの自分。


よくよーく、見てあげると



すべての思いの根底には

自分が死んでしまわないように

自分の価値が死んでしまわないように




守ってくれていたり

得ようとしてくれていたり

避けてくれていたり


役割を果たしているのです。





すごくすごく愛なんです。

実は死にたいという思いや、どんな自己否定でさえ



必ず、役割があるのです。
(個人個人で役割は違います。だからセッションで見ていきます)




蓋を開けてみて分かるのですが

あー全部愛なんだなと実感するんですよね。


全部愛なんです。





だからね。




8DE35E64-3C33-428C-AA1C-7B40A08E7531.jpeg






あの手この手と言いますよね。


みんなこの思考たちは、それぞれ戦略は違うけど

あなたがあなたの幸せを感じれるように

あの手この手を考えてくれているのです。




あの手この手を使っても腕の付け根はみんな同じ。

案外思いは同じだったりします。







お金を得ることも

異性と付き合うのも

老後の備えをするのも

しっかり失敗をしないようにするのも




あったかい感覚が欲しいが故の、戦略なのです。

その為にこの思考たちは、必死で頑張っています。








この手たちの真ん中で

観音様のお顔は安らぎに満ちています。





この自我と共存しながら

安らぎに満ちています。





これは何を示しているのだろう。


皆さんはどう感じますか?




僕はそれを探求するために、学びや自分の体験を深めたいと思います。









創間なりの発見でした☆

(今回の創間の発見は、インテグレイテッド心理学、RFTの見解を参考にさせていただきました)
【関連する記事】
posted by 創間元哉 at 23:01| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする