2017年10月19日

役割なんて担いたくなかった 〜子供でいられなかった思い〜

本当は、あるがままで受け止めて欲しかった。



本当は、そのままでいたかった。




だけど、受け入れてもらえないから



だけど、それじゃ存在できないかもと思ったから





本当は担いたくない立場を、受け入れるしかなかった。



その思いを大人になっても抱えて苦しんでいる人がいる。








子供が子供でいられる社会


子供も大人も感情に対して寛容な社会





たくさんの苦しんでいる人を見て、やっぱりそこが大事だと


その社会づくりが大事だと、強く思う。






構築できる力を集めたいと。


posted by 創間元哉 at 22:00| そうまのコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする